忍者ブログ



智恵子抄(その2)


風にのる智恵子


狂つた智恵子は口をきかない ただ尾長や千鳥と相図する 防風林の丘つづき いちめんの松の花粉は黄いろく流れ 五月晴さつきばれの風に九十九里の浜はけむる 智恵子の浴衣ゆかたが松にかくれ又あらはれ 白い砂には松露がある わたしは松露をひろひながら ゆつくり智恵子のあとをおふ 尾長や千鳥が智恵子の友だち もう人間であることをやめた智恵子に 恐ろしくきれいな朝の天空は絶好の遊歩場 智恵子飛ぶ


千鳥と遊ぶ智恵子

人つ子ひとり居ない九十九里の砂浜の 砂にすわつて智恵子は遊ぶ。 無数の友だちが智恵子の名をよぶ。
ちい、ちい、ちい、ちい、ちい   砂に小さなあしあとをつけて 千鳥が智恵子に寄つて来る。 口の中でいつでも何か言つてる智恵子が 両手をあげてよびかへす。 ちい、ちい、ちい  両手の貝を千鳥がねだる。 智恵子はそれをぱらぱら投げる。群れ立つ千鳥が智恵子をよぶ。 ちい、ちい、ちい、ちい、ちい  人間商売さらりとやめて、もう天然の向うへ行つてしまつた智恵子のうしろ姿がぽつんと見える。二丁も離れた防風林の夕日の中で松の花粉をあびながら私はいつまでも立ち尽す。


ひがたき智恵子

智恵子は見えないものを見、聞えないものを聞く。智恵子は行けないところへ行き、出来ないことをる。智恵子は現身うつしみのわたしを見ず、わたしのうしろのわたしに焦がれる。智恵子はくるしみの重さを今はすてて、限りない荒漠の美意識圏にさまよひ出た。わたしをよぶ声をしきりにきくが、智恵子はもう人間界の切符を持たない。


山麓の二人

二つに裂けて傾く磐梯山の裏山は 険しく八月の頭上の空に目をみはり 裾野とほくなびいて波うち すすきぼうぼうと人をうづめる 半ば狂へる妻は草をいて坐し わたくしの手に重くもたれて 泣きやまぬ童女のやうに慟哭どうこくする わたしもうぢき駄目になる 意識を襲ふ宿命の鬼にさらはれて のがれるみち無き魂との別離 その不可抗の予感 わたしもうぢき駄目になる 涙にぬれた手に山風が冷たく触れる わたくしは黙つて妻の姿に見入る 意識の境から最後にふり返つて わたくしにすがる この妻をとりもどすすべが今は世に無い わたくしの心はこの時二つに裂けて脱落し げきとして二人をつつむこの天地と一つになつた。


或る日の記

水墨の横ものを描きをへて その乾くのを待ちながら立つてみて居る 上高地から見た前穂高の岩の幔幕まんまく
墨のにじんだ明神だけのピラミツド 作品は時空を滅する 私の顔に天上から霧がふきつけ 私の精神にいささかの条件反射のあともない 乾いた唐紙からかみはたちまち風にふかれて このお化屋敷の板の間に波をうつ 私はそれを巻いて小包につくらうとする 一切の苦難は心にめざめ 一切の悲歎は身うちにかへる 智恵子狂ひて既に六年 生活の試練鬢髪びんぱつ為に白い 私は手を休めて荷造りの新聞に見入る そこにあるのは写真であつた そそり立つ廬山ろざんに向つて無言に並ぶ野砲の列


レモン哀歌

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた かなしく白くあかるい死の床で わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ トパアズいろの香気が立つ その数滴の天のものなるレモンの汁は ぱつとあなたの意識を正常にした あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ わたしの手を握るあなたの力の健康さよ あなたの咽喉のどに嵐はあるが かういふ命の瀬戸ぎはに 智恵子はもとの智恵子となり 生涯の愛を一瞬にかたむけた それからひと時 昔山巓さんてんでしたやうな深呼吸を一つして あなたの機関はそれなり止まつた
写真の前に挿した桜の花かげに すずしく光るレモンを今日も置かう


亡き人に

雀はあなたのやうに夜明けにおきて窓を叩く 枕頭ちんとうのグロキシニヤはあなたのやうに黙つて咲く 朝風は人のやうに私の五体をめざまし あなたの香りは午前五時の寝部屋に涼しい 私は白いシイツをはねて腕をのばし
夏の朝日にあなたのほほゑみを迎へる 今日が何であるかをあなたはささやく 権威あるもののやうにあなたは立つ 私はあなたの子供となり あなたは私のうら若い母となる あなたはまだゐる其処そこにゐる あなたは万物となつて私に満ちる 私はあなたの愛に値しないと思ふけれど あなたの愛は一切を無視して私をつつむ


梅酒

死んだ智恵子が造つておいた瓶の梅酒うめしゆは 十年の重みにどんよりよどんで光をつつみ、いま琥珀こはくの杯に凝つて玉のやうだ。ひとりで早春の夜ふけの寒いとき、これをあがつてくださいと、おのれの死後に遺していつた人を思ふ。おのれのあたまの壊れる不安に脅かされ、もうぢき駄目になると思ふ悲に智恵子は身のまはりの始末をした。七年の狂気は死んで終つた。くりやに見つけたこの梅酒のかをりある甘さをわたしはしづかにしづかに味はふ。狂瀾怒濤きようらんどとうの世界の叫もこの一瞬を犯しがたい。あはれな一個の生命を正視する時、世界はただこれを遠巻にする。夜風も絶えた。


荒涼たる帰宅

あんなに帰りたがつてゐる自分の内へ 智恵子は死んでかへつて来た。十月の深夜のがらんどうなアトリエの
小さな隅のほこりを払つてきれいに浄め、私は智恵子をそつと置く。この一個の動かない人体の前に私はいつまでも立ちつくす。人は屏風びようぶをさかさにする。人はしよくをともし香をたく。人は智恵子に化粧する。さうして事がひとりでに運ぶ。夜が明けたり日がくれたりしてそこら中がにぎやかになり、家の中は花にうづまり、何処どこかの葬式のやうになり、いつのまにか智恵子が居なくなる。私は誰も居ない暗いアトリエにただ立つてゐる。外は名月といふ月夜らしい。


松庵寺

奥州花巻といふひなびた町の浄土宗の古刹こさつ松庵寺で 秋の村雨むらさめふりしきるあなたの命日に まことにささやかな法事をしました 花巻の町も戦火をうけて すつかり焼けた松庵寺は 物置小屋に須弥壇すみだんをつくつた 二畳敷のお堂でした 雨がうしろの障子から吹きこみ 和尚おしようさまの衣のすそさへ濡れました 和尚さまは静かな声でしみじみと 型どほりに一枚起請文きしようもんをよみました 仏を信じて身をなげ出した昔の人の おそろしい告白の真実が
今の世でも生きてわたくしをうちました 限りなき信によつてわたくしのために 燃えてしまつたあなたの一生の序列を この松庵寺の物置御堂みどうの仏の前で 又も食ひ入るやうに思ひしらべました


報告(智恵子に)

日本はすつかり変りました。あなたの身ぶるひする程いやがつてゐた あの傍若無人のがさつな階級が とにかく存在しないことになりました。すつかり変つたといつても、それは他力による変革で(日本の再教育と人はいひます。)内からの爆発であなたのやうに、あんないきいきした新しい世界を命にかけてしんから望んださういふ自力で得たのでないことがあなたの前では恥しい。あなたこそまことの自由を求めました。求められない鉄のかこひの中にゐて、あなたがあんなに求めたものは、結局あなたを此世の意識の外にひ、あなたの頭をこはしました。あなたの苦しみを今こそ思ふ。日本の形は変りましたが、あの苦しみを持たないわれわれの変革を
あなたに報告するのはつらいことです。


噴霧的な夢

あのしやれた登山電車で智恵子と二人、ヴエズヴイオの噴火口をのぞきにいつた。夢といふものは香料のやうに微粒的で智恵子は二十代の噴霧で濃厚に私を包んだ。ほそい竹筒のやうな望遠鏡の先からはガスの火が噴射機ジエツトプレインのやうに吹き出てゐた。その望遠鏡で見ると富士山がみえた。お鉢の底に何か面白いことがあるやうでお鉢のまはりのスタンドに人が一ぱいゐた。智恵子は富士山麓の秋の七草の花束をヴエズヴイオの噴火口にふかく投げた。智恵子はほのぼのと美しく清浄でしかもかぎりなき惑溺わくできにみちてゐた。あの山の水のやうに透明な女体を燃やして私にもたれながら崩れる砂をふんで歩いた。そこら一面がポムペイヤンの香りにむせた。昨日までの私の全存在の異和感が消えて午前五時の秋爽さわやかな山の小屋で目がさめた。


もしも智恵子が

もしも智恵子が私といつしよに 岩手の山の源始の息吹いぶきに包まれて いま六月の草木の中のここに居たら、ゼンマイの綿帽子がもうとれてキセキレイが井戸に来る山の小屋でことしの夏がこれから始まる洋々とした季節の朝のここに居たら、智恵子はこの三畳敷で目をさまし、両手を伸して吹入るオゾンに身うちを洗ひ、やつぱり二十代の声をあげて十本一本のマツチをわらひ、杉の枯葉に火をつけて囲炉裏のなべでうまい茶粥ちやがゆを煮るでせう。畑の絹さやゑん豆をもぎつてきてサフアイヤ色の朝の食事に興じるでせう。もしも智恵子がここに居たら、
奥州南部の山の中の一軒家がたちまち真空管の機構となつて無数の強いエレクトロンを飛ばすでせう。


元素智恵子

智恵子はすでに元素にかへつた。わたくしは心霊独存の理を信じない。智恵子はしかも実存する。智恵子はわたくしの肉に居る。智恵子はわたくしに密着し、わたくしの細胞に燐火を燃やし、わたくしと戯れ、わたくしをたたき、わたくしを老いぼれの餌食ゑじきにさせない。精神とは肉体の別の名だ。わたくしの肉に居る智恵子は、そのままわたくしの精神の極北。智恵子はこよなき審判者であり、うちに智恵子の睡る時わたくしはあやまち、耳に智恵子の声をきく時わたくしは正しい。智恵子はただ※(「口+喜」、第3水準1-15-18)ききとしてとびはね、わたくしの全存在をかけめぐる。元素智恵子は今でもなほわたくしの肉に居てわたくしに笑ふ。


メトロポオル

智恵子が憧れてゐた深い自然の真只中に 運命の曲折はわたくしを叩きこんだ。運命は生きた智恵子を都会に殺し、都会の子であるわたくしをここに置く。岩手の山は荒々しく美しくまじりけなく、わたくしを囲んで仮借しない。虚偽と遊惰とはここの土壌に生存できず、わたくしは自然のやうに一刻を争ひ、ただ全裸を投げて前進する。智恵子は死んでよみがへり、わたくしの肉に宿つてここに生き、かくの如き山川草木にまみれてよろこぶ。変幻きはまりない宇宙の現象、転変かぎりない世代の起伏、それをみんな智恵子がうけとめ、それをわたくしが触知する。わたくしの心はにぎはひ、山林孤棲こせいと人のいふ小さな山小屋の囲炉裏に居てここを地上のメトロポオルとひとり思ふ。


裸形

智恵子の裸形をわたくしは恋ふ。つつましくて満ちてゐて 星宿のやうに森厳で山脈のやうに波うつていつでもうすいミストがかかり、その造型の瑪瑙めのう質に奥の知れないつやがあつた。智恵子の裸形の背中の小さな黒子ほくろまでわたくしは意味ふかくおぼえてゐて、今も記憶の歳月にみがかれたその全存在が明滅する。わたくしの手でもう一度、あの造型を生むことは自然の定めた約束であり、そのためにわたくしに肉類が与へられ、そのためにわたくしに畑の野菜が与へられ、米と小麦と牛酪バターとがゆるされる。智恵子の裸形をこの世にのこしてわたくしはやがて天然の素中そちゆうに帰らう。


案内

三畳あれば寝られますね。これが水屋。これが井戸。山の水は山の空気のやうに美味。あの畑が三、いまはキヤベツの全盛です。ここの疎林がヤツカの並木で、小屋のまはりは栗と松。坂を登るとここが見晴し、展望二十里南にひらけて左が北上山系、右が奥羽国境山脈、まん中の平野を北上川が縦に流れて、あの霞んでゐる突きあたりの辺が金華山沖といふことでせう。智恵さん気に入りましたか、好きですか。うしろの山つづきが毒が森。そこにはカモシカも来るし熊も出ます。智恵さんういふところ好きでせう。


あの頃

人を信ずることは人を救ふ。かなり不良性のあつたわたくしを智恵子は頭から信じてかかつた。いきなり内懐うちふところに飛びこまれてわたくしは自分の不良性を失つた。わたくし自身も知らない何ものかがこんな自分の中にあることを知らされてわたくしはたじろいだ。少しめんくらつて立ちなほり、智恵子のまじめな純粋な息をもつかない肉薄に或日はつと気がついた。わたくしの眼から珍しい涙がながれ、わたくしはあらためて智恵子に向つた。智恵子はにこやかにわたくしを迎へ、その清浄な甘い香りでわたくしを包んだ。わたくしはその甘美に酔つて一切を忘れた。わたくしの猛獣性をさへ物ともしないこの天の族なる一女性の不可思議力に無頼のわたくしは初めて自己の位置を知つた。


吹雪の夜の独白

外では吹雪が荒れくるふ。かういふ夜には鼠も来ず、部落は遠くねしづまつて人つ子ひとり山には居ない。囲炉裏に大きな根つ子を投じてみごとな大きな火を燃やす。六十七年といふ生理の故に今ではよほどらくだと思ふ。あの欲情のあるかぎり、ほんとの為事しごとは苦しいな。美術といふ為事の奥はさういふ非情を要求するのだ。まるでなければ話にならぬし、よくよく知つて今は無いといふのがいい。かりに智恵子が今出てきても大いにはしやいで笑ふだけだろ。きびしい非情の内側からあるともなしに匂ふものがあの神韻といふやつだろ。老いぼれでは困るがね。


智恵子と遊ぶ

智恵子の所在は次元。次元こそ絶対現実。岩手の山に智恵子と遊ぶ夢幻ゆめまぼろしの生の真実。フレンチ平原にきのこは生えても智恵子の遊びに変りはない。二合の飯は今日のままごと。牛のしつぽににらを刻む。強敵糠蚊ぬかがとたたかひながら三畝の畑にいのちを託す。あばら骨にきりは刺され肺気腫はいきしゆ噴射のとめどないせき。造型は自然の中軸。この世存在のシネ クワ ノン。一切は智恵子次元の逍遙遊しようようゆう。遊ぶ時人はわづかに卑しくなくなる。


報告

あなたのきらひな東京へ山からこんどきてみると生れ故郷の東京が文化のがらくたに埋もれて足のふみ場もないやうです。ひと皮かぶせたアスフアルトに無用のタキシが充満して人は南にゆかうとすると結局北にゆかされます。空には爆音、地にはラウドスピーカー。鼓膜こまくはがねで張りつめて意志のない不生産的生きものが他国のチリンチリン的敗物をがつがつ食べて得意です。あなたのきらひな東京がわたくしもきらひになりました。
仕事が出来たらすぐ山へ帰りませう。あの清潔なモラルの天地でも一度新鮮無比なあなたに会ひませう。

スピリチュアル霊界通信 心霊スピリチュアルQ&A  死後の世界と現世の意義 スピリチュアル霊界  般若心経の意味と解説 解説 般若心経  真言呪文・般若心経 仏説・般若心経を写経  ダウン症の子をもって 知的障害の子をもって  知的障害の子を授かって ダウン症の子を授かって  パニック障害発症から12年(私の体験日記) パニック障害を患って  不安神経症(パニック障害)発症 パニック発作から十数年  ヘルシー料理メニューとレシピ ダイエット健康料理レシピ  ダイエット料理レシピ おかずメニュー&レシピ  料理レシピ 今晩のおいしい夕食おかずメニュー  我が家の今晩の夕食メニュー 今日の夕飯のおかずメニュー  おいしい家庭料理メニュー 家庭のおかずメニュー  炒め物料理メニューとレシピ 炒め物料理のレシピ  炒め物の献立とレシピ 献立て料理レシピ集  炒め物献立てメニュー スパゲッティ・パスタの簡単レシピⅠ  スパゲッティ・パスタの簡単レシピⅡ スパゲッティ・パスタの簡単レシピⅢ  スパゲッティ・パスタの簡単レシピⅣ スパゲッティ・パスタの簡単レシピⅤ  家庭で作るスパゲッティ・パスタレシピ集Ⅰ 家庭で作るスパゲッティ・パスタレシピ集Ⅱ  家庭で作るパスタ・スパゲッティレシピ集Ⅲ 家庭で作るパスタ・スパゲッティレシピ集Ⅳ  家庭で作るパスタ・スパゲッティレシピ集Ⅴ パスタメニューレシピ集Ⅰ  パスタメニューレシピ集Ⅱ パスタメニューレシピ集Ⅲ  パスタメニューレシピ集Ⅳ パスタメニューレシピ集Ⅴ  厳選スパゲッティレシピ集Ⅰ 厳選スパゲッティレシピ集Ⅱ  厳選スパゲッティレシピ集Ⅲ 厳選スパゲッティレシピ集Ⅳ  厳選スパゲッティレシピ集Ⅴ スパゲティとパスタのレシピ1  スパゲティとパスタのレシピ2 スパゲティとパスタのレシピ3  スパゲティとパスタのレシピ4 スパゲティとパスタのレシピ5  名古屋のやみつきラーメン 名古屋のラーメン食べ歩き  行列のできるラーメン店 おいしいラーメンランキング  肥満予防とメタボリック対策講座 肥満防止十か条  メタボ予防10の条件 生活習慣病・肥満予防サイト  肥満予防対策の条件 生活習慣病予防サイト  美容健康グルメ食品その他カタログ  ヘルシー耳ツボダイエット愛知県・名古屋市・三重県の優良店紹介 耳つぼダイエットサロン紹介  耳ツボダイエット施術院紹介 耳つぼ痩身サロン紹介  ヘルシー耳つぼダイエット店 ゆみ健友館 ゆみ健友館  耳ツボダイエットのゆみ健友館 耳つぼと整体のゆみ健友館  耳ツボ痩身女性整体院 フルタ整体 フルタ整体2  岐阜八百津のフルタ整体  耳つぼと骨盤矯正のフルタ整体 骨盤ダイエットフルタ整体  ハヤカワ整体 美容整体ヘルシースリム  耳つぼダイエット美容整体 ヘルシー耳ツボ美容整体 骨盤矯正耳ツボ美容整体  ヘルシースリムK  Salon de range 強運をよぶ姓名判断 運命を左右する姓名判断  凶から吉に変える姓名判断 名付け命名の姓名判断 日帰り観光地紹介「愛知県・名古屋市」  ドライブデートコース愛知名古屋 おでかけ日帰り観光地愛知名古屋 日帰り観光行楽地愛知  日帰り観光地紹介・三重県編 ドライブデートコース三重県編 おでかけ日帰り観光地三重県  日帰り観光行楽地三重 日帰り観光地紹介・岐阜県編 ドライブデートコース岐阜県編  おでかけ日帰り観光地岐阜県 日帰り観光行楽地岐阜 日帰り観光地紹介・滋賀県編  おでかけ日帰り観光地滋賀県 日帰り観光行楽地滋賀 ドライブデートコース滋賀県編  日帰り観光地紹介・静岡県編 おでかけ日帰り観光地静岡県 日帰り観光行楽地静岡  ドライブデートコース静岡県編 名言・自己啓発・格言・人生訓 簡単ヘルシー料理  夕飯のおかず献立て 簡単炒め物料理 ことわざと座右の銘  もてる男のマル秘テクニック スピリチュアル総合占いサイト おすすめ観光地・中部 
PR



☆☆ベストセラー作家になる方法☆☆




☆☆ベストセラー作家になる方法☆☆


ベストセラー作家になる方法-廉価版-


★★訓練不要!誰でも出来る速読_ウルトラスーパー速読ソフト_完全デラックス版★★


★★カリスマ塾長が語るイマイズム論!遂に公開!「子どもの勉強のこと、受験のこと、将来のこと」~伸びる子の「格」と伸び悩む子の「癖」~★★


∇ウルフさんの 逆境を成功に変える鉄板法則∇


◆新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル◆


■ケータイ作家デビューマニュアル■


▼『ザ・シェフ』『女医レイカ』の剣名舞が直接指導!プロデビュー塾▼


▼第二期募集!『ザ・シェフ』『女医レイカ』の剣名舞が直接指導!プロデビュー塾▼